天皇賞秋の反省(2015.11.1)

 うーむ。まあ人気なかったから、
クラレントが無茶を承知で逃げる
ってのもありっちゃありだけどな。
エイシンヒカリ向きの流れにはな
らかった。逃げ馬だから展開に注
文がどうしてもついちゃうのは仕
方ないね。完全に強くなってない
のかもね。
 本命にした、◎イスラボニータ
は差しの競馬を試してみた。これ
はありだと思った。競馬の幅も広
がるし、結果3着だったけど、次
はおそらくJCだろうから、そこ
はつながる競馬だったな。
 勝った◯ラブリーデイは強いの
一言。好位追走から抜け出してし
っかり勝ちきった。充実期ってい
うのはこういうときなんだろうな。
JC、有馬あたりまでは楽しめそ
う。ただ春の天皇賞ってタイプで
はないね。濱中Jもナイスな騎乗
で文句なしだった。
 △つけたショウナンパンドラも
頑張ったな、エリザベス女王杯使
うかわからないけど、出てきたら
本命にしていいな。でもJCだろ
うな。
 2着のステファノスは△つけよ
うか悩んだ馬。よく走ったなとい
うしかないね。印つけてないから
これはもう仕方ない。
 他の印つけた馬、▲サトノクラ
ウンはいきなりこのメンバーでは
厳しかったかな。次走を見てみた
いけど使いどころが難しいよね。
△ディサイファ、ダービーフィズ
はここではさすがに家賃が高かっ
た。ディサイファは人気になりす
ぎたな。GⅡあたりでは十分主役に
なれるから、そこでは無視できな
いな。
 しかし、ラブリーデイ強かった。
こういう馬に素直に本命打てない
といかんな。まあ、追いかけてた
イスラボニータにめどが立ってき
たので頑張ってほしいな。
 まあ反省というか振り返りはこ
んなところだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA